« 若い遊撃手って育ってるのかな? | トップページ | 小田が去年までとは何か違う »

2009年4月18日 (土)

4月18日 対G 2回戦 2-3負 ナゴヤドーム

まろの知り合いのドラゴンズファンが言うにはの・・・

チェンってあんなに多彩な変化球なげてた?

浅尾も吉見も新球をやたらと使いたがるね。
キャンプの間練習した球を試したいのかな。
チェンにしてもフォークを投げたがるのは解るけど、
それじゃ、本来の持ち味がなくなるだろう。

この三人は多彩な変化球を投げ分ける投手になりつつあるけど、
それでも効果的に配球出来ず勝てないとなると、
中田あたりの投手の時、小田はどうリードするつもりだろか?

アルフォンゾの場面、3球続けてフォーク投げて打たれた。
チェンが首を振ってフォーク。
これ以外にも首を振るシーンが多かったね。

首を振って変化球。これも相手に読まれてた。
バッテリーの息が合ってないのが辛い。
投手も捕手を信頼してないし、捕手も投手の球を信用してない。

何よりも、投手自身が自分の長所を解ってない。
これは、吉見、浅尾、そして中田にも言えることだ。

配球のセオリーは、
「打者を一番抑えられる球を決め球にし、他のボールで
組み立て揺さぶる」
チェンの場合、
最後に頼れる球は直球。打者の一番打ちにくいのもチェンの直球。
だから、当然、配球は
「変化球を見せ球誘い球にし、直球で討ち取る」

一番打ちにくくイヤなチェンの勝負球の直球を、打たなくてもいい
アウトコースのボールゾーンに投げて見せ球にしてしまい、
変化球で勝負したのがチェンー小田バッテリ。

「アルフォンゾは直球に強い」「低めの落ちる球にもろい」
ってデータがあったのかもしれない。
フォークをもう一球投げて打者のウラをかく意図だった
のかもしれない。

配球の良し悪しは結果論になりがち

だけど、その投手の一番威力のある球を見せ球にしてしまい
勝負球にしなかった結果は悔いが残る。

チェンは、変化球を投げる時フォームが大きく変わる傾向があり、
それを三球続けたら普通の打者なら打つよ。
三球目のフォークはもろ「置きに行ってる」し。打者にはバレバレ。

『大事な場面やカウントで変化球を投げる時、チェンは腕が振れない』
くらいは、素人目にも解る。。
それくらいは、小田も読み取った上で配球しないと、

「投手の欠点を引き出したリード」になっちゃうよ。

・・・だそうじゃ

|

« 若い遊撃手って育ってるのかな? | トップページ | 小田が去年までとは何か違う »

野球・ドラゴンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500536/44749051

この記事へのトラックバック一覧です: 4月18日 対G 2回戦 2-3負 ナゴヤドーム:

« 若い遊撃手って育ってるのかな? | トップページ | 小田が去年までとは何か違う »