« WBC優勝トロフィー展示 | トップページ | 落合監督とバリチェロ »

2009年6月 8日 (月)

流れを作った三球三振

6月8日 対西武 3-5 負 ナゴヤドーム

ドラゴンズに詳しいマロの知り合いが言うにはの・・

「6回は別人」と朝倉の投球が急変したかのような見出しだけど、
朝倉は、4、5回と同一人物だったよ。

打ちぞこないや打順のめぐりもあって失点に繋がらなかったけど
西武打線がシュートに誘われなくなったり、反対方向に打ってきたり
ファールで逃げられたりすると、制球難の朝倉はもう手詰まりだった。
5回は西武打線が下位だったから助かっただけで、
KOされても不思議ではない投球内容だった。

問題は、その5回ウラのドラの攻撃。

粘れる打者のはずの井端は、ストライク3球を一回もバットを振らず
三球三振。
粘らないといけないはずの次打者荒木は2球目を打ち上げアウト。
(だから打順並びは「アラーイバ」がベター)
森野もファウルフライで三者凡退。9球で攻撃終了。

調子が悪く5回を何とかしのいだ朝倉が、
この攻撃をベンチで見てどう感じて6回のマウンドに上がったか。

吉見は一点取られた後、「二点目を取られないようにしよう」と
気持ちを切りかえれて投げたようだけど、

5回の段階ですでにシュートを攻略されかけ、手詰まり状態の朝倉が
「一点もやれない」という気持ちで投げたら自分を追い込むだけ。

岸は、ドラの切込隊長を三球三振で討ち取り流れを呼び込んだ。

朝倉は、一点もやれない精神状態に追い込まれ、
西武の切込隊長を四球で出して自滅した。

昨日は勝敗にかかわらず朝倉に投げ切って欲しかった試合。
朝倉は試合を壊さない程度に最後まで投げてくれればよかった。

朝倉は、1点をおしんで4点取られた。
落合は、1敗をおしんでまた投手を壊しかけてる。
指揮官の焦りが選手に蔓延してるのか。

Gが勝ってる日は勝たないといけない崖っぷちなのも解るけど、
追いつく前に自滅しそうだ。

・・・だそうじゃ。

|

« WBC優勝トロフィー展示 | トップページ | 落合監督とバリチェロ »

野球・ドラゴンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500536/45291551

この記事へのトラックバック一覧です: 流れを作った三球三振:

« WBC優勝トロフィー展示 | トップページ | 落合監督とバリチェロ »