« 2011年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2011年10月

2011年10月26日 (水)

観客動員減は落合監督のせいらしい

まろはの~、まったり~としてプリンを食べておれば幸せなのじゃが、
知り合いのドラゴンズファンは、また、怒ってるようじゃ・・
怒りの発端は以下の記事らしいのじゃ・・・・

10月23日中日新聞朝刊、言論ページに掲載された
愛知淑徳大学教授 山田登世子氏の論説

D20111023a

山田氏への反論

追っかけファンを増やせばよい?
チームを優勝させ、ファンを歓喜させる以上のファンサービスって、いったい何ですか?

続きを読む "観客動員減は落合監督のせいらしい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

テスト投稿

Windows live writer 投稿テスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中日球団宛

僕も多くの人と同じようにTV画面を通してドラゴンズの試合や選手を見て子供の頃にファンになりました。

子供の頃ですから、球団がどうとか、全く意識にありません。
オーナーと球団社長と球団代表の違いも知らないころですから。

当時の球団経営に感銘を受けたから、とか、球団社長を尊敬したり運営手法が好きだから、ドラゴンズを好きになった訳ではありません。

だから逆に、それらが嫌い、や、許せない、との理由で、ドラゴンズのファンをやめることはありません。
僕にとっては、球団や親会社の存在は、ドラゴンズと言うチームの付属物なのです。

好きになった理由がそうなのだから、嫌いになる理由もそうです。

僕がドラゴンズのファンをやめる時は、例えば、チームがずるい事きたない事をした時(例えば八百長)くらいでしょうか。

選手やチームが何も悪くないのに、そのチームのファンをやめることは絶対ありません。

そう言った考えの僕にとっては、選手やチームの足を引っ張る、活躍を褒めてあげない、負けて喜ぶ存在は、
ドラゴンズの敵以外の何者でもありません。

長年チームを応援し続けてきたファンの一人として、球団社長の坂井克彦の辞任か更迭を強く要求します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2012年7月 »