« 核のごみ隠す。サイクル路線行き詰まり(中日新聞2011/5/26) | トップページ | テスト投稿 »

2011年10月23日 (日)

中日球団宛

僕も多くの人と同じようにTV画面を通してドラゴンズの試合や選手を見て子供の頃にファンになりました。

子供の頃ですから、球団がどうとか、全く意識にありません。
オーナーと球団社長と球団代表の違いも知らないころですから。

当時の球団経営に感銘を受けたから、とか、球団社長を尊敬したり運営手法が好きだから、ドラゴンズを好きになった訳ではありません。

だから逆に、それらが嫌い、や、許せない、との理由で、ドラゴンズのファンをやめることはありません。
僕にとっては、球団や親会社の存在は、ドラゴンズと言うチームの付属物なのです。

好きになった理由がそうなのだから、嫌いになる理由もそうです。

僕がドラゴンズのファンをやめる時は、例えば、チームがずるい事きたない事をした時(例えば八百長)くらいでしょうか。

選手やチームが何も悪くないのに、そのチームのファンをやめることは絶対ありません。

そう言った考えの僕にとっては、選手やチームの足を引っ張る、活躍を褒めてあげない、負けて喜ぶ存在は、
ドラゴンズの敵以外の何者でもありません。

長年チームを応援し続けてきたファンの一人として、球団社長の坂井克彦の辞任か更迭を強く要求します。

|

« 核のごみ隠す。サイクル路線行き詰まり(中日新聞2011/5/26) | トップページ | テスト投稿 »

野球・ドラゴンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500536/53068496

この記事へのトラックバック一覧です: 中日球団宛:

« 核のごみ隠す。サイクル路線行き詰まり(中日新聞2011/5/26) | トップページ | テスト投稿 »