野球・ドラゴンズ

2011年10月26日 (水)

観客動員減は落合監督のせいらしい

まろはの~、まったり~としてプリンを食べておれば幸せなのじゃが、
知り合いのドラゴンズファンは、また、怒ってるようじゃ・・
怒りの発端は以下の記事らしいのじゃ・・・・

10月23日中日新聞朝刊、言論ページに掲載された
愛知淑徳大学教授 山田登世子氏の論説

D20111023a

山田氏への反論

追っかけファンを増やせばよい?
チームを優勝させ、ファンを歓喜させる以上のファンサービスって、いったい何ですか?

続きを読む "観客動員減は落合監督のせいらしい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

テスト投稿

Windows live writer 投稿テスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中日球団宛

僕も多くの人と同じようにTV画面を通してドラゴンズの試合や選手を見て子供の頃にファンになりました。

子供の頃ですから、球団がどうとか、全く意識にありません。
オーナーと球団社長と球団代表の違いも知らないころですから。

当時の球団経営に感銘を受けたから、とか、球団社長を尊敬したり運営手法が好きだから、ドラゴンズを好きになった訳ではありません。

だから逆に、それらが嫌い、や、許せない、との理由で、ドラゴンズのファンをやめることはありません。
僕にとっては、球団や親会社の存在は、ドラゴンズと言うチームの付属物なのです。

好きになった理由がそうなのだから、嫌いになる理由もそうです。

僕がドラゴンズのファンをやめる時は、例えば、チームがずるい事きたない事をした時(例えば八百長)くらいでしょうか。

選手やチームが何も悪くないのに、そのチームのファンをやめることは絶対ありません。

そう言った考えの僕にとっては、選手やチームの足を引っ張る、活躍を褒めてあげない、負けて喜ぶ存在は、
ドラゴンズの敵以外の何者でもありません。

長年チームを応援し続けてきたファンの一人として、球団社長の坂井克彦の辞任か更迭を強く要求します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

求められること やるべきこと

日本メディアは隠蔽が激しく当てにならないので、
BBCやCNNの見ながら、おバカな頭でず~っと考えてました。

色んな立場の人の気持ちを汲むこと、感情を思いやる事。
同時に感情論には流されてはいけないこと。

被災した人の気持ちを汲むこと。それは感情に流されることではないか?
切羽詰った恐らく普通ではないであろう人々の感情に合わせて良いのだろうか?

続きを読む "求められること やるべきこと"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

落合監督とバリチェロ

ドラゴンズとF1に詳しいマロの知り合いの話じゃ・・

負け試合で浅尾投入

6月8日の試合、負けてる場面でも連投が続き登板過多と思われる
浅尾投手が投入された。

6月7日に開催されたF1トルコGPのビデオをバリチェロを見てて、
バカなことやってると思った。
でも同じことを繰り返す彼を見てるうち、8日の試合で落合が
浅尾投入した必然性が少し理解できた。

ライバル車を強引に追い抜こうとするバリチェロの姿と、
落合が浅尾投入する姿がタブって見えた。

スタートで出遅れて、遥か先を行くライバルに追いつくには、
当たり前のレース運びではダメなのだ。
リスクを犯さずマシンをいたわり走ってもトップには追いつけない。

続きを読む "落合監督とバリチェロ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

流れを作った三球三振

6月8日 対西武 3-5 負 ナゴヤドーム

ドラゴンズに詳しいマロの知り合いが言うにはの・・

「6回は別人」と朝倉の投球が急変したかのような見出しだけど、
朝倉は、4、5回と同一人物だったよ。

打ちぞこないや打順のめぐりもあって失点に繋がらなかったけど
西武打線がシュートに誘われなくなったり、反対方向に打ってきたり
ファールで逃げられたりすると、制球難の朝倉はもう手詰まりだった。
5回は西武打線が下位だったから助かっただけで、
KOされても不思議ではない投球内容だった。

問題は、その5回ウラのドラの攻撃。

続きを読む "流れを作った三球三振"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

WBC優勝トロフィー展示

WBCの優勝トロフィーがドラゴンズのホーム球場である
ナゴヤドームに展示されるようじゃの・・・

じゃがの、
観戦チケットを購入しないと見られない場所と時間帯に
展示されるようじゃ。

まろはてっきり、トロフィー展示も辞退するもんだと思ってたので
ちと意外じゃった。

WBCに協力しなかったのに、展示による集客の恩恵だけを
受けようとするなんて、

ちと、さもしくはないかのぉ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

さすが・・YS押本

ドラファンのまろの知り合いの話じゃ・・・

押本のブランコとの対決の二球はそれだけでもお金を払って
観る価値ありでした^^
強打者に対して自分の球を信じ投げ込んでいった
押本は素晴らしい。

大した制球力も無いのに打たれるのを恐がってくさい
コースを狙って投げた挙句、四球を連発した斉藤や高橋に
見習って欲しいね。

続きを読む "さすが・・YS押本"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

プロ野球選手とは・・・

またまた、ドラゴンズファンのまろの知り合いの話じゃ・・

「プロは結果」良く耳にする。
選手は良く言うし、以前は言わなかったファンも
最近は口にするようになった。

でも、ファンは結果ばかりを求めてはいない。

「プロは結果で評価される」とは、
契約更改の場で球団の査定員が選手対して言う言葉。

選手はこの言葉が頭に焼き付き
「数字を残さないと給料が上がらない」と思い、プロ選手としての
価値や本分を混同し勘違いしてしまう。

選手自らも「俺たちプロは結果が全てですから」と口にしてしまう。
落合もそうだ。

続きを読む "プロ野球選手とは・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブランコと藤井

まろの知り合いのドラゴンズファンの言葉じゃ・・


5月2日の対横浜で三浦からHRのシーン、
「おっ」と思いました。
今まで打ってたHRとは少し内容が違ってるような。
上手く説明できないし感覚的なもんだけど、
投手から観て以前より怖い打者になりつつあるような気がします。

ブランコ
「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」
な気分でしょうか。

鳥に詳しい人なら鳴き声を聞かなくても
ホトトギスか、すずめか、カラスかは見たら判る。

続きを読む "ブランコと藤井"

| | コメント (0) | トラックバック (0)